二の腕は痩せるのが難しい!細くするコツはある?

 

脂肪がついた体の部分のケアをしていると、すぐに気が付くでしょうが、体の部分ごとに太りやすいところとそうでないところがあります。

 

また、こういった部分に限って、太るときはすぐだったのに、やせるときは時間がかかります。場合によっては、一生懸命その部分に取り組んでいたのに、肝心のところはやせずに、バストなどの必要な部分ばかりやせてしまう、なんてこともあります。

 

二の腕もそういった太りやすくやせにくいパーツでしょう。

 

しかも、動作次第でかなり目立ちます。「バイバーイ」なんて、かわいく手を振ったつもりが、二の腕がタップンタップンなんてこともおきます。となると、以後はまるで皇族のように、腕は動かさず手のひらだけを左右に振る……なんておとなしいバイバイしかできなくなってしまいます。

 

二の腕に脂肪が付きやすいのは、筋肉のついている量が二の腕の中でもばらつきがあるせいです。

 

たとえば顔の前で手のひらをしっかり握ってみてください。その状態で残りの片手で、二の腕をさすってみましょう。二の腕の上半分はしっかりと固くなり、力こぶもできるでしょう。が、下半分は柔らかさが残ったままでしょう。

 

下半分にはもともと、あまり筋肉がついていないのです。

 

もし、ただひたすら「鍛えればいい」とやってしまうと、上半分の筋肉が増強され、下半分はほとんど変化がない、ということにもなりかねません。

 

この下半分にはなにか特別な方策をとる必要があることが分かっていただけるでしょう。