やせるノウハウ記事一覧

美容への関心の高まりとともに、痩身のための技術は次々開発され、その効果の高さが喧伝(けんでん)されています。が、興味を持ったところで、「本当にそんなに脂肪が落ちるの?やせることができるの?」と疑いの目で見るのが実際のところではないでしょうか。が、そんな中で、「これなら脂肪はなくなるよね」と有無をいわせない方法が、「脂肪吸引」でしょう。手法としては外科手術の一種となります。なので、ほかの美容のように...

美容のためのケアとしては、エステサロンをまず考えるでしょう。が、有力な方法の中で、エステサロンでは行えないものもあります。脱毛の場合の「レーザー脱毛」がそうです。また痩身(ダイエット)ならば、「脂肪吸引」がそれに当たります。これらは医療行為の一つとされ、医療機関以外で行うことが禁止されています。内容も「ケア」というよりは「治療」の一種として扱われます。ですから、美容外科などへ行く必要があります。「...

「体脂肪を減らしたい」「スリムな体形が欲しい」というのならば、日ごろの食事から気をつけ、生活習慣も正しいものに改めるのが基本でしょう。「これのおかげで、一か月で五キロ落ちました」なんて方法を採用して、もし本当に効果があったとしても、食事と生活習慣が元のままならば、その方法が終了とともに体重・体形も逆戻りです。とはいえ、そうむちゃではない方法であれば、それを採用しながら、同時進行で食事や生活習慣を改...

どんな方法を採ろうと、部分痩せというのは困難です。入浴方法を工夫して、腹だけがピンポイントで痩せるわけではありません。が、「全身が痩せる。お腹も痩せる」ということは可能です。入浴が痩身に役立つのには二つの理由がありますデトックスと代謝の向上です。この両方の効果をアップする、おすすめの入浴方法は半身浴です。お湯の温度は37度ぐらいです。一般的なおふろは42度とされていますから、かなりぬるめです。つか...

これまで体重減や体脂肪解消を試みて失敗した人は、どこにその失敗の原因があったのでしょうか。おそらく、その原因の一つは、想定している期間でしょう。「脂肪燃焼サプリ」とか、「痩身(そうしん)マシーン」、あるいはエステの痩身コースの宣伝を見ると、「一か月でこんなにもやせました」なんて話になっています。同一人物の使用前のおなかが出て、腕や脚も太い写真と、使用後のスッキリとした写真が、こういった場合はつきも...

特にどこか体の一部だけに効くわけではありませんが、お腹痩せも実現したいのならば、有酸素運動になるようなエクササイズも採り入れるようにしましょう。有酸素運動が目的ですから、激しいものではありません。呼吸が苦しくなくて、長時間やれるようなものです。一般的なのはジョギング、スイミング、サイクリングなどです。が、今まで何もやっていないようならば、ウオーキングから始めましょう。ウオーキングのいいところは、ス...

女性に生まれたのが得か損かは簡単に答えが出ないでしょう。が、「女性に生まれたばっかりに、こんな面倒に遭う」ということならば、いくつか簡単に挙げることができるでしょう。冷え性はそのひとつではないでしょうか。女性の方が筋肉が少ないので、冷え性になりやすいのです。体が冷えると、血流が悪くなる。血流が悪くなると、また体が冷える……といった具合に悪循環が成立してしまうのです。寒く感じるかどうかの問題だけなら...

脂肪がついた体の部分のケアをしていると、すぐに気が付くでしょうが、体の部分ごとに太りやすいところとそうでないところがあります。また、こういった部分に限って、太るときはすぐだったのに、やせるときは時間がかかります。場合によっては、一生懸命その部分に取り組んでいたのに、肝心のところはやせずに、バストなどの必要な部分ばかりやせてしまう、なんてこともあります。二の腕もそういった太りやすくやせにくいパーツで...

当然、カロリーのとり過ぎには注意しましょう。体全体の体脂肪を減らしたり、ほかの部分やせを狙う時と同じです。塩分も控えめに。塩分過多は脚のむくみにつながります。また、食事のとり方も大事です。これ次第で同じカロリー摂取量でも太ったり太らなかったりするのです。三食は欠かさないようにしましょう。「今日はお休みだから」といって、朝遅く起きて朝食・昼食兼用、つまりブランチなんてNGです。もちろん、ドカ食いもダ...