かつてエステサロンというと、まずは「強引な勧誘」が連想されるという状況でした。無理な契約をさせられる人も大勢出て、社会問題のひとつになっていたような感さえあります。

 

さすがに今ではそういうエステは数が減ってきたようです。が、全くなくなったということでもありません。

 

となると、消費者のひとりとしては、事前の情報収集を十分にして、そういうエステは避ける。不幸にしてかかわりを持ってしまったときは、契約にまでいかないうちにちゃんと断る。そういう警戒を忘れないようにしなければなりません。

 

中には性格的に、断るのが苦手な人もいるでしょう。また、「そんなに神経質にならなくても、エステサロンなどどこでも同じようなものだろう」とアバウトに考える人もいるかもしれません。

 

が、強引な勧誘をするところは、それなりの事情があることが見え透いている、と思うのです。

 

というのは、エステサロンもサービス業です。もし、お客に満足のいくサービス、値段に見合ったかそれ以上のサービスを提供していれば、強引な勧誘は必要ないでしょう。そのサービスを受けたお客が、リピーターとなるでしょうし、知人・友人を紹介もしてくれるでしょうから。

 

また、痩身のコースであれ、美肌・美白のコースであれ、エステに通ってくる人はその目的の施術だけではなく、美しくなるためのぜいたくな時間を味わうこともサービスの内容として楽しみにしているはずです。

 

しつこい勧誘は、そのサービスの質を落とし、内容を損ねていることにもなります。