骨盤ダイエットはストレッチが大事

骨盤ダイエットを正しく行うことで、骨盤が正しい位置に戻ります。

 

いくつか手法がありますが、ストレッチも有力なものの一つです。間違ったやり方では、むしろ悪化させることもありますから、要注意です。毎日簡単にできるものを一つ二つ紹介しましょう。

 

まず、裸足になって床に座ります。両脚を伸ばして肩幅ぐらいに広げます。ひざを軽く曲げ、両方の足の裏を床にぴったり付けます。上半身は背筋を伸ばして真っすぐに立てます。力はできるだけ抜いて、無理をしないようにします。

 

感覚としては、両足の裏に集中し、体中の重みを足の裏に乗せていこうとしているようなつもりでいます。

 

背筋を曲げないようにして、上半身をゆっくり前に倒していきます。ひざの角度はできるだけ変化させずに低い位置を保ちます。股関節(こかんせつ)や腰の筋肉が伸びていることを確認しながらやりましょう。

 

上半身が止まるところまで行ったら約30秒そのままにします。

 

もう一つの方法としては、まずは背筋を伸ばして、直立します。足は肩幅に開き、両手を腰に当てます。顔や上半身は正面に向けたまま、腰だけ右にひねります。かかとやつま先が床から離れないようにしましょう。戻したら、今度は左へ。これを左右10回ずつ行います。

 

ほかにもインターネットなどで調べればいくつも見つけることができるでしょう。いずれも、朝起きた時、夜寝る前、お風呂上がりなどに行うと、効果的です。また、呼吸方法をおろそかにすると、効果は半減します。

 

毎日欠かさず、一回は行うようにしましょう。