骨盤ダイエットとヨガは仲間

古くから健康法として広まっているので、逆につい見落とされがちですが、ヨガも有効な骨盤ダイエットです。

 

ヨガの起源は一説には約五千年前。「精神と身体を最も安定した状態へと持っていく」ことを目的にインドで誕生しています。

 

一時、多くの問題を引き起こしたオウム真理教がヨガの思想や手法を採り入れていたことで、危険視され下火になりました。が、それもようやく冷め、人気が復活してきています。

 

ヨガには色々は流派や手法がありますが、今、日本で健康法として見られるものの主流は、普段は使っていない筋肉を刺激し、体のバランスを整えていくものです。フィットネスやエアロビクスの影響も強くなっています。また、めい想や呼吸方法も重視されています。

 

具体的には様々なポーズをとることで、新陳代謝を高めたり、精神の安定をはかります。

 

骨盤ダイエットとして、特にかかわりが深いのは、筋肉と骨格を刺激し、バランスを整えていくという面です。動作はゆっくりとしているので、筋肉の動きに意識を集中させることもできます。

 

これ自体が骨盤ダイエットとして機能があるばかりではなく、ストレス解消や疲労回復といった側面からの支援ともなります。柔軟性も高める効果がありますので、血行障害への対策ともなります。

 

ヨガを行う時間帯ですが、ほかのストレッチの類とは違い、お風呂上がりは避けた方がいいでしょう。気分が悪くなることがあります。また、食事の前後二時間もよくありません。

 

朝起きたときや就寝前などがおすすめです。