出産は女性にとって一大事業です。それゆえ、終了したときには、精も根も尽き果てているでしょう。しかも休む間もなく育児が始まっています。

 

「自分自身のことなど、かまっている暇はほんの少しもない」と考える人も多いかもしれません。が、そんな言い訳を自分に許し、この時期を逃すと、妊娠前の体形を取り戻す機会を一生逃すかもしれません。

 

また、ダイエットをして体形を取り戻すのは、なにも美容の面からだけの必要ではありません。内臓を本来の働きに戻し、健康を取り戻すことになるのです。

 

産後に太ってしまう、あるいは妊娠中の体重増から回復しない、という理由はいくつもあるでしょう。

 

体を動かすことが少なかったので、筋肉量が落ち、基礎代謝が下がっているかもしれません。栄養の取りすぎもあるでしょう。ホルモンのバランスも変化しています。

 

また、太りすぎが骨盤からきている場合は決して少なくありません。

 

当然、妊娠・出産では骨盤に大きな負担をかけ、形の変化も引き起こしています。通常は出産後に骨盤は閉じるのですが、中には開いたままの人もいます。骨盤ダイエットは必要不可欠なのです。

 

また、逆に待ってましたとばかりに、出産後直後から過激なダイエットを始める人もいるでしょう。が、産後は体は本来の調子ではありません。特に産道を守るため、骨盤周辺の筋肉は疲労困ぱい状態です。体調を崩すことになりかねません。

 

骨盤ダイエットは過激な運動を必要としない、という点でも産後に最適なダイエットなのです。