食べたいものも食べないようにする、毎日しっかりと体を動かして汗を流す……そんなストイックな生活を強いることがないので、骨盤ダイエットは、継続しやすい健康法です。

 

特に骨盤ダイエットということを意識しないうちに、はやりの健康法を試していたら、それが実は骨盤ダイエットの一種だった……というぐらいに、日常生活の中にも入り込んできたように思います。最近注目を浴びているピラティスが典型でしょうか。

 

また、腰痛対策として、骨盤矯正を受けたり、骨盤ベルトを身につけてみる、というのも同様でしょう。

 

が、その骨盤ダイエットの中にも、お手軽なものと、そうでないものの差はいくらかはあります。

 

もっとも手軽で安価で、しかも効果も期待できるものとして、「骨盤枕ダイエット」を紹介しておきます。

 

枕というのは、円筒状でやわらかく、細長いことから名前がきています。頭の下に置くわけでも、夜寝るときにずっと使うわけでもありません。

 

おへそのちょうど裏側あたり、背中の下に敷いて床に寝ます。手足は伸ばしたままにし、5分程度待ちます。

 

体が凝り固まっているうちは1分でもきついかもしれません。慣れるに従って目標の時間まで延ばしていくのがいいでしょう。

 

これだけで、骨盤の位置が矯正される、というわけです。が、細かい点で守るべきことがあります。手足の向きや目線の方向にノウハウがあるのです。

 

骨盤枕はいたってシンプルな形ですので、自分で作ってもいいでしょう。が、骨盤枕がおまけで付いた骨盤枕ダイエットのノウハウ本もいくつか出ています。コツもちゃんと解説されていますし、値段も大したことがないので、最初はこちらをおすすめします。