最近流行している骨盤枕ダイエット。お手軽だし、ちょっと大きな本屋さんにでも立ち寄れば、ノウハウを書いた本が見つかるでしょう。

 

枕もわざわざ別に探さなくても、それらの本に付属品として用意されていることも多いようです。

 

が、「それさえ無駄なような気がするので、さっさと自分で作ってしまおう」。あるいは「きちんと続けたい。ちゃちい骨盤枕では満足できないから、シッカリとしたものを自作する」という人もいるでしょう。

 

ここでは、今日からでも始めることができるように、もっとも手っ取り早い骨盤枕の作り方を紹介しておきます。シッカリとしたものを作りたい人は参考にして、応用して下さい。

 

まず、必要なものはバスタオル二枚とビニールひもです。

 

バスタオルは二枚重ね合わせます。縦長の線に合わせて、二回折ります。細長く四分の一にたたむわけです。

 

端の方から、丸めていきます。できる限り固く絞り込んでいきましょう。最後にタオルの円筒ができることになります。これが崩れないように、ビニールひもをくるくると全体に巻き付けていきます。

 

身長や体の硬さにもよりますが、直径10センチあたりが標準でしょうか。この直径で効果が全く変わってきます。細すぎると効果はありません。また、太すぎると腰に負担が掛かってしまうし、何よりも体を載せていることができません。

 

また、使っているうちに型くずれもするかもしれません。実際に使ってみて、何度か作り替えることを前提にした方がいいでしょう。

 

ちゃんと作れたら、市販品と効果は変わりありません。