骨盤ダイエット記事一覧

「骨盤のゆがみをとる」とか「骨盤ダイエットの効果でやせる」「骨盤ダイエットで体質改善」とはどういう意味なのでしょうか。まず、骨盤を支えているのは、大腰筋や腸骨筋です。これらは体の奥深くにあるインナーマッスルの一部です。大腰筋は足の付け根と背骨、腸骨筋は足の付け根と骨盤を直接つないでいます。この二つは、股関節(こかんせつ)を曲げたり、太ももを曲げ伸ばしたりする運動に使われるほか、体を前後左右に傾け維...

出産は女性にとって一大事業です。それゆえ、終了したときには、精も根も尽き果てているでしょう。しかも休む間もなく育児が始まっています。「自分自身のことなど、かまっている暇はほんの少しもない」と考える人も多いかもしれません。が、そんな言い訳を自分に許し、この時期を逃すと、妊娠前の体形を取り戻す機会を一生逃すかもしれません。また、ダイエットをして体形を取り戻すのは、なにも美容の面からだけの必要ではありま...

普段は洋服などで隠している二の腕や背中。それゆえ油断しがちで、薄着の季節になったり、特におしゃれに力を入れて露出の多いファッションを選ぼうという時になって、あわてることになります。ちょっとしたエクササイズが骨盤ダイエットとなり、二の腕や背中をすっきりさせる方法がありますので、紹介しておきましょう。まずは、二の腕からです。使うものは水の入ったペットボトルです。背筋を直立させて、いすに座ります。ひざや...

骨盤ダイエットを正しく行うことで、骨盤が正しい位置に戻ります。いくつか手法がありますが、ストレッチも有力なものの一つです。間違ったやり方では、むしろ悪化させることもありますから、要注意です。毎日簡単にできるものを一つ二つ紹介しましょう。まず、裸足になって床に座ります。両脚を伸ばして肩幅ぐらいに広げます。ひざを軽く曲げ、両方の足の裏を床にぴったり付けます。上半身は背筋を伸ばして真っすぐに立てます。力...

ダイエット目的に限らず、手っ取り早いエクササイズは色々紹介されています。そんな中で、ずっしり体に響くものの代表といえばスクワットではないでしょうか。また、道具は不要。場所と時間も最小で済みます。下半身の筋肉をダイレクトに動かします。腰、しり、太ももなど下半身太りに悩んでいる人にすると、「解消のための最も近道を選んだ」という満足度もきっと高いことでしょう。骨盤への影響も大です。骨盤のゆがみに直接影響...

骨盤のゆがみは大なり小なりだれにでもあります。いすに座る時に、ひじ掛けにもたれかかったり、脚を組んだり。カバンを片手で持ったり。こういうささいな日常の行為が原因になるので、当然のことです。「自分にはない」という人は、全く察知していないだけです。が、ゆがみの大小はあります。体のラインが崩れてしまったり、体調不良になる前に、自分の骨盤のゆがみがどの程度は把握しておくようにしましょう。まず、日常の生活の...

体の上下の真ん中にあって、上半身と下半身をつないでいるのが骨盤です。体へ特別な負担をかけなくても、日々の生活を送っているだけで、知らず知らずその位置にゆがみが出てきます。骨盤が「ゆがむ」あるいは「ひずむ」といっても、通常は骨盤の形自体が変化するわけではありません。その位置が本来あるべきところから、ずれてしまうことを言います。骨盤はおなかの一番下を支える位置にあって、内側には大事な臓器を数多く抱え込...

目に見えるものでもなく、急激に健康が害され寝付いてしまうようなものでもありません。なので、骨盤のゆがみはついつい放置されがちです。が、何もせずにいたら、どうなるのかは頭の片隅にたたき込んでおくことが必要です。内臓のほとんどは骨盤が受け皿となり、位置が支えられています。骨盤がゆがめば、たいていは骨盤の位置自体も下がり気味になります。当然、それに連れて内臓も下がります。内臓周りにすき間ができて、そこを...

「骨盤」というと、どうしても「妊娠」「子宮」と結びつけて語られることが多く、女性に関するキーワードと考えられがちです。が、当然、男性にも骨盤はあります。毎日の生活の中で、徐々に徐々に骨盤にゆがみができ、蓄積していることも男女同様です。特に男性の場合、日ごろの生活の場面でも力仕事をこなすことが多いでしょう。また、職業によってはデスクワークが中心で、同じ姿勢でいる時間も長くなることもあります。女性が骨...

「息でもするように」というのは、全く無意識でも実行している行為のことをいう例えです。でも、この呼吸を意識することで、骨盤ダイエットにつなげることができます。当然のことながら、呼吸は常にしていることなので、正しい呼吸を覚えることの効果は絶大です。もし、ほかの骨盤ダイエットをしていたなら、相乗効果もありますので、ぜひ覚えるようにしましょう。まずは、正しい姿勢を見つける必要があります。もし骨盤がゆがんで...

骨盤がゆがむことで起きる悪影響は数限りなくあります。男性にとってもよくないことです。が、より女性の方が深刻、といっていいでしょう。ひとつはまず、外面的なこと。美容面と言い換えてもいいでしょう。美容への関心が高いのは、今のところは男性よりも女性でしょう。また、内面的にもあります。こちらは健康面と言い換えることができるでしょう。女性ならではの健康上のトラブルにつながることが多いのです。骨盤がゆがむ、と...

最近流行している骨盤枕ダイエット。お手軽だし、ちょっと大きな本屋さんにでも立ち寄れば、ノウハウを書いた本が見つかるでしょう。枕もわざわざ別に探さなくても、それらの本に付属品として用意されていることも多いようです。が、「それさえ無駄なような気がするので、さっさと自分で作ってしまおう」。あるいは「きちんと続けたい。ちゃちい骨盤枕では満足できないから、シッカリとしたものを自作する」という人もいるでしょう...

手軽さで人気を呼び、実践者も多い骨盤枕ダイエット。いくら簡単といっても、ほんの少しだけ、注意点があります。まずは、「少しでも早く効果を出したいから」といって熱中しすぎないようにしましょう。大半のダイエット方法は、効果を出すのには継続することが前提です。とはいえ、エクササイズやマッサージの中には、「一日で効果がある」とか「がんばった分だけ、脂肪が減少する」というのが売り文句になっているようなものがあ...

食べたいものも食べないようにする、毎日しっかりと体を動かして汗を流す……そんなストイックな生活を強いることがないので、骨盤ダイエットは、継続しやすい健康法です。特に骨盤ダイエットということを意識しないうちに、はやりの健康法を試していたら、それが実は骨盤ダイエットの一種だった……というぐらいに、日常生活の中にも入り込んできたように思います。最近注目を浴びているピラティスが典型でしょうか。また、腰痛対...

「骨盤のゆがみをとる」とか「骨盤ダイエットの効果でやせる」「骨盤ダイエットで体質改善」とはどういう意味なのでしょうか。まず、骨盤を支えているのは、大腰筋や腸骨筋です。これらは体の奥深くにあるインナーマッスルの一部です。大腰筋は足の付け根と背骨、腸骨筋は足の付け根と骨盤を直接つないでいます。この二つは、股関節(こかんせつ)を曲げたり、太ももを曲げ伸ばしたりする運動に使われるほか、体を前後左右に傾け維...

多くの人は、太りすぎの自覚ができると、ダイエットを考えるでしょう。ただ、この「太りすぎ」は何で判断するのでしょうか。鏡に映った自分の姿でしょうか。あるいは、それまで入っていたスカートがすんなり入らなくなった時でしょうか。中には体重計に載ったときの数字で判断する人もいるかもしれません。また、ダイエットというと、まず頭に浮かぶのは食事制限でしょう。エクササイズを採り入れるにしても、摂取カロリー・消費カ...

体への負担が少なく、効果が期待できて、やり方も簡単なものが多い、というのが骨盤ダイエットの長所でしょう。骨盤体操もそんな中の一つです。毎日行うことで効果が出ていきます。たくさんの種類があり、インターネット上では様々なものが紹介されています。自分のお気に入りのものを一つ作っておき、ちょっとした合間にでもするように習慣をつけたいものです。これらの多くはダイエットになるだけではなく、現代人の多くが悩んで...

ダイエットのためのエクササイズの中で、ウオーキングは定番中の定番です。やり方も至って単純です。が、その中でも特に骨盤の矯正に主眼をおいたものがあります。紹介してみましょう。まずは、腕を体の正面に組みます。背筋が曲がらないように特に気をつけ、この姿勢のまま歩きます。腕は振りません。かなり歩きにくくなりますが、その分、通常よりおしりと腰を使っていることが分かると思います。また、厳密にいえばウオーキング...

骨盤ダイエットの長所として、エクササイズや食事制限のようなストイックな生活が必要ではないこと……とはよく指摘されることです。が、だからといって、エクササイズや食事制限とは全く無縁、というわけではないのです。食べたいだけ食べていては、当然太ります。考え方は単純です。食事などで摂取したカロリーが、体で消費するカロリーを越えると、いかに骨盤が正常な状態であれ、脂肪として体に蓄積していきます。ですから、必...

骨盤ダイエットというと、初めて取り組んでみようという人は、つい力が入って特別なことから始めようとするかもしれません。それはそれで期待の大きさの反映でしょう。が、骨盤がゆがむのは、ほんのささいな日常の動作からです。ですから、その日常の動作を直すことが、もっとも根本から骨盤ダイエットに取り組む、ということになるのです。ここでは、「正しい立ち方」の話をしてみようと思います。まず、特に意識をしないでおくと...

もし、標準的といわれている八時間、睡眠をとっているなら、一日のうちの三分の一も占めていることになります。当然、この間は、自分がどういう姿をしていて、どういう姿勢をとっているか、自分自身ではコントロールのしようがありません。骨盤がゆがむのは、ほんのささいな日常の動作からです。となると、寝ている間にもひょっとしたら、骨盤がゆがむ原因を作り出しているかも……というのは当然しなければならない心配でしょう。...

骨盤ダイエットのためのエクササイズの類は無数にあります。インターネットなどを調べれば、すぐに出てくるでしょう。それらの中でも、もっとも簡単なものを紹介しておきましょう。どんな骨盤ダイエットも継続することが大前提になっています。いつでもどこでも、思いついたらすぐにできる……というのを一つ知っておくことは、ほかの骨盤ダイエットを併用するにしても、とても重宝するでしょう。で、その方法ですが、基本は腰を右...

骨盤のゆがみを直し、ダイエットにつなげるには、日ごろの生活を見直す必要があります。が、あまりに重症だったり、早く成果を手に入れたいときは、プロの手に任せることも必要でしょう。骨盤ダイエットを扱っているのは、整体やカイロプラクティックです。普通は素人判断で骨盤の矯正をやるより確実、安全に行ってくれます。が、施術をする担当者個人の知識や経験、技術がダイレクトに反映します。なかには強引にやって、骨や筋に...

だれしも、立っているときと比べて、座っている時の方が、リラックスしていることが多いでしょう。また、過ごしている時間も立っているより、座っている方がはるかに長いでしょう。その分、より姿勢を崩しがちですし、癖もそれぞれに出ます。「無くて七癖」とはいいますが、座り方の癖はかなり個人差があるものの一つではないでしょうか。日常的な動作の中でのバランスの崩れが、骨盤のゆがみにつながります。ですから、この座る時...

骨盤のゆがみは、普段の生活の中から少しずつ積み重ねられてきたものです。影響を及ぼしているひとつひとつの動作は、ほとんど意識には上がってこないようなささいなものです。が、逆に考えると、普段の生活習慣を見直せば、ゆがみを発生させない、あるいはゆがみを直すことが可能になる、ともいえます。もし、特別な行為をすることなく、普段の生活の中でゆがみの矯正が可能ならばこんないいことはありません。まずは、立つときの...

古くから健康法として広まっているので、逆につい見落とされがちですが、ヨガも有効な骨盤ダイエットです。ヨガの起源は一説には約五千年前。「精神と身体を最も安定した状態へと持っていく」ことを目的にインドで誕生しています。一時、多くの問題を引き起こしたオウム真理教がヨガの思想や手法を採り入れていたことで、危険視され下火になりました。が、それもようやく冷め、人気が復活してきています。ヨガには色々は流派や手法...

パッと見はさほど太っているわけではない、だけど、何となくおしりがやや大きくて、アンバランス……という女性っていますよね。だからといって、一生懸命食事制限をして、おしりを小さくすると、今度は全く貧相な体になってしまう。加齢とともにおしりが大きくなってしまう人もいます。が、筋肉は衰え、ハリがなくなってくることがしばしばです。当然垂れ下がったみっともないラインになります。おしりの大きさって、どう考えてい...